トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin


<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

花良品

今週月曜から、明日日曜まで、花良品全店で花職人Aizuの、産地フェアーを行なわせて頂いています
それにあわせて、私と加藤君で木曜、金曜と上京して、花良品有楽町店の店頭に立たせて頂きました
f0053392_1950046.jpg
f0053392_19502360.jpg
f0053392_19504270.jpg
f0053392_1951330.jpg

花良品有楽町店は、花職人Aizuが設立してから、初めて東京で産地フェアーを行なわせて頂いたお店で、大変お世話になった店舗です
その当時のスタッフの方々は、現在は移動等で在籍していませんが、店舗の場所、大きさ等も同じで、緊張した東京最初の産地フェアーを思い出すには十分でした^_^;

f0053392_2071257.jpg

産地フェアー開催を知って、尋ねて頂いた、サカタ種苗の久保田先生
有り難うございました

f0053392_2084816.jpg

産地フェアーの手伝いに来て頂いた、FAJの荻原さん、三瓶さん
ご苦労様でした

産地フェアーは明日まで開催しております
花良品のスタッフの方々、宜しくお願い致しますm(__)m
そして、2日間お世話になりました

おまけ
金曜日、店舗がオープンするまで、FAJに行ってきました
f0053392_20142879.jpg

早朝より、せりに参加していた花伊正高橋さんと、コリーヌ鈴木さん

f0053392_20171449.jpg

フローリア村上さんと、私に挟まれて嬉しそうな、FAJ渡辺君

f0053392_20184885.jpg

なぜか突然うつむいてしまった、FAJ渡辺君
何で?
by hanashokunin | 2011-06-11 20:26 |        いわぶち

会津MPS連絡会

6月8日 てしろぎ(明美)です。

今夜の会津MPS連絡会は、北は北海道、南は九州、そしてオランダからのゲストを迎えて行われた。

明日、昭和花き研究会でカスミ草の講演があるため全国の市場、仲卸に加え、オランダのセクタ社からRichard Buis氏が会津に集合。
f0053392_23111265.jpg


クリザールの海下さんからの「震災から復興するだけでなく、花文化の再生を図ることが福島の使命である」という言葉が印象に残った。

リチャードとも話したかったけど、会津弁が通じなくて残念。

f0053392_23122095.jpg


初対面の広島の市場の方や、昭和村で「おりひめ」としてからむし織りを織りながらカスミ草の仕事を手伝っている方と話し込んだ。

みんなで前に進んで行こう!
by hanashokunin | 2011-06-08 23:28 |        てしろぎ

ついてない(~_~;)

厄年でもないのに、ついてないことが続いてしまった

5月24日には、ある物で足を火傷
f0053392_2020153.jpg

今日現在の火傷の様子です
これでも、半分以上は赤くなくなりました

昨日は通院日で見てもらった結果、やはりあとが残り綺麗にはならないそうです
今は痛みはなくなりましたが、猛烈に痒いです^^;


火傷から1週間後の31日には、見事にブロックを指に落としてしまった
f0053392_20275131.jpg

小指、
仕事に影響ないと思っていたが、怪我をして分かりました
私、花の結束の時、ゴム、小指に掛けて引いていました
難儀してます^^;

気持ちは40代、身体はしっかりと50代なのかな~
気持ちも50代にセットしなくては




災難続きで、心も折れそうになってしまうので、厄払い?もかねて、以前から欲しかった物を遂に買ってしまいました
f0053392_20365926.jpg

説明書を見ると?????になるので、写真部の下の子供に、手取り足取り教わってま~す
一緒に撮影に出かけるのが楽しみです(*^_^*)
by hanashokunin | 2011-06-03 20:44 |        いわぶち

メリーランド

6月2日 てしろぎ(明美)です。

地元会津で発行されてるフリーペパー「メリーランド」
f0053392_2158558.jpg


花職人のリレーコラムが連載されて1年が経ち、今月が最終回となった。
先月が辰也君、今月が湯田家の長男ヒロカズ君のコラム。
二人の記事を読んでて、その内容が似てるのに気がついてすこしニンマリ。

若い二人がさらに若かった頃の話。
朝から晩まで働きずくめの親を見て農業にも花にも嫌悪感を持ってそうだ。
そりゃそうだろう。
決まった休みは無いし、家族そろって出かけることもむずかしいし。
同年代の仲間がうらやましく見えたんだろう。
それもこれも、農業が悪い、花が悪いんだって思えたんだろうな。
f0053392_21593267.jpg


でも・・・。
文章はさらに続きがあって、今は・・・と結んである。
二人ともこれからに希望が持てる、最終回にふさわしい内容だ。

花職人のオヤジたちも、若い二人のコラムを見て、自分たちの20年前、30年前を思い出したんじゃないだろうか?
そして、手本になるようにがんばろうと思った・・・かな?
by hanashokunin | 2011-06-02 22:21 |        てしろぎ