トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin


<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

7月 定例会

6月29日 てしろぎ(明美)です。

7月の定例会が繰り上げで行われた。

議題は、今週末2日から4日に東京ビッグサイトで開催される「フラワードリーム2010」の参加打ち合わせ。
f0053392_22175065.jpg

そこの二人!
関係ない話してないで!!

3日(土)にはヒロヒトさん、4日(日)には山内代表、江美さん、私の3人が会場へ向かう。
初めてのイベントなんで楽しみ!

世田谷花き、東京フラワーポート、東日本板橋花きの3社合同ブースでお待ちしてます。


さて、今回のイベントに出展する花はもちろん、どんな時も出荷した花が真っ先にお世話になるのがこのドライバーさんたち。
f0053392_22181561.jpg


大輪系のトルコは頭が重くて気を使うとか。
ゴメンね、頭でっかちで。
でも、優しくしてね、オ、ネ、ガ、イ
by hanashokunin | 2010-06-29 22:35 |        てしろぎ

今年も

今年も、我が家に研修生がやってきました
今年の第一弾は、県農業短期大学から(6月23日~7月7日まで)
f0053392_18394787.jpg

会津出身で、スポーツ少年団から高校までソフトボールをしていた、スポーツ万能な明るい研修生です

高校時代に厳しい部活動を耐えて、頑張ってきただけあって、仕事の飲み込みも早く、それ以上に感心する事は、自分なりに工夫をして効率の良い仕方を考えて、行動していることです
素晴らし~い
見習わなくては^_^;

これから9月に掛けて、我が家では中学校、高校、社会人まで、沢山の研修生が入ります
毎年の事ながら、楽しみにしています
私と家内が元気に農業を出来る間は、引き続き研修生を受け入れたいと思っています
by hanashokunin | 2010-06-27 18:53 |        いわぶち

産地見学会 新聞に掲載していただきました

今日の福島民報新聞 会津版です。

More
by hanashokunin | 2010-06-26 22:56

産地見学会 やまうち家

皆さん、お疲れ様でした!

こちらへどうぞ!
by hanashokunin | 2010-06-24 23:05 |        やまうち

産地見学会

6月24日 てしろぎ(明美)です。

花職人Aizu産地見学会 2010 今回で5回目となった。

北会津に10時集合で、1番乗りはブログから参加申し込みのあった新潟からの方。
その後次々と集まり、10時にはすでに全員集合!

毎年30分おくれは当たり前だったのに・・・。
今年はみんな気合が入ってるな。
f0053392_21355040.jpg

山内代表の挨拶の後それぞれのメンバーのハウスへ分散。

てしろぎチームは東京フラワーポートより、小柴さん、ツボイ商事増田さん、花の店萌木大坂さん、ハナソウ大野さん、東日本板橋花き樋口さん、多摩花売所人見さんと6人オール男子。

農業の虎の穴、てしろぎヨットスクール(若い人知ってる?)と異名を取る我が家へようこそ!

レッスン1
収穫の終わったハウスのあとかたづけ

なかなかいい腰つきじゃない
f0053392_21361448.jpg


ほらほら働いて
f0053392_21363614.jpg


めったに見れないショット
f0053392_2137460.jpg

今日は風もあって結構涼しいのが残念。


レッスン2
側枝の整理

1列に並んでスタート
誰も一言もしゃべらない
f0053392_21372211.jpg


「アレ?まちがったの取っちゃったかな?」
ハイ、1本につき罰金200円ね
f0053392_21374351.jpg


レッスン3
コサージュの仕立て方 講師 樋口先生
f0053392_21382645.jpg

私「これとこれをとって・・・。」
先生「あーっ、それ取っちゃたら2輪しか残んないじゃない」

「てしろぎさんとこの作業は年々ハードになる」なんて声も聞こえる中無事終了。

お昼は恒例、さくらんぼの下でお弁当。
f0053392_21384990.jpg


私たちは毎年この見学会を企画する中で、参加してくれた人達に何かしら得て帰ってもらおうと前々から計画し準備を重ねる。
得るものは栽培の技術でも初対面の人との交流でも何でもいいのだが。
でも、参加者たちも遠くから会津に出向く為に自分の仕事の都合をつけて忙しい思いをして来てくれる。
その職場の人達も一人いない分をフォローして送り出してくれる。

そんなことを考え、みーんなに感謝したい1日だった。

なんたってハウスの作業がぐんとはかどったしね。
ありがとうございました。
by hanashokunin | 2010-06-24 22:15 |        てしろぎ

父の日

お昼ご飯を食べ終わり、昼休みに入った時に、宅配便が届きました
春から都会で学生生活をおくっている、上の子からでした
開けると、父の日のプレゼントが手紙と一緒に入ってました

辰年生まれの私にちなんでか、龍の茶碗と箸
*教授の、研究論文の手伝いのアルバイトで得たお金で購入したようです


f0053392_19355972.jpg

手紙には、お父さんいつもありがとう
お父さんが頑張ってくれているから、今までの人生で一番楽しい大学生活を満喫している・・・・・・・
感謝の言葉、気持ちがいっぱい詰まった、手紙でした(~_~;)




そこへ下の子(高校生)
父の日は良いな~
はいこれ・・・・・・・・一言

お小遣いから、学校帰りにプレゼントを買って来て、渡してくれました
開けて、さっそく着てみました


f0053392_19454393.jpg
f0053392_1945573.jpg

私は大好きです
派手な服(^_^)v
by hanashokunin | 2010-06-20 19:54 |        いわぶち

打ち合わせ

6月17日 てしろぎ(明美)です。

24日に行われる「花職人 産地見学会」の最終打ち合わせをした。
f0053392_22245629.jpg

毎年恒例の見学会は、グループのビッグイベントでもあり力を入れている。

当日の参加者もほぼ決まり、受け入れ側としてもいろいろ作戦を練って楽しみにしている。
ただ、今年の一番の心配のタネは・・・「雨」
こればっかりはねぇ。

打ち合わせ終了後、3人のゲストを交えての暑気払い懇親会。
f0053392_22253646.jpg

毎度おなじみキントラ種苗中村さんが、あぶくまカットフラワーグループの菅野夫妻を同行して会津に来てくれた。
昼間は花職人のメンバーの圃場巡回、暑い中お疲れ様でした。

私と江美さんは、若妻の「あいちゃん」に「家族労働内におけるヨメの役割とは」 「仕事とプライベートとで使い分ける夫婦の関係」などをレクチャー。(うっそ)
f0053392_22255520.jpg


あいちゃーん、がんばろうねー!
by hanashokunin | 2010-06-17 22:48 |        てしろぎ

定植

30℃を越えた今日、秋出荷用のトルコギキョウの定植を、いつもの結メンバーで行ないました
f0053392_2003854.jpg

7月の種苗メーカーの展示会には、私と家内は今年は留守番で、我が家の会長、会長夫人、そして相談役の叔父さんを含めたこのメンバーで出かけます
騒がしくなると思いますけれども、宜しくお願い致しますm(__)m

そして、小春うらら
もしかして、新品種?
f0053392_2062759.jpg

わいか剤をかけた訳ではありません
by hanashokunin | 2010-06-15 20:09 |        いわぶち

トルコギキョウ ピーク

6月14日 てしろぎ(明美)です。

6月に入ってから、我が家のトルコが第1回目のピークとなった。

残業続きの毎日。
睡眠時間の確保ができず、30分でも余計に眠りたい。

そんな時助けになるのが息子。
高3で部活が終了し、最近は5時くらいには帰宅するんで、エルフバケットの組み立てを手伝ってもらってる。
「100個くらい作っといて」って言うといや~な顔するんで「あっ、50でいいから」で渋々作り始める。

「でも50個を2回作ってね」
「・・・」

どうだ!
母のほうが上手だろう。
だてに年はくってないぞ。
〇〇とハサミは使いようってか。

今週はフリンジ系が中心になり、7月までにはひと段落しそうだ。
気合を入れてがんばってきたけど、そろそろバッテリーが切れてきた。
by hanashokunin | 2010-06-14 22:36 |        てしろぎ

築118年の床下には!

7月から息子が就農するので、息子の部屋を改築することになりました。
近い将来の事も考えて床だけはしっかり作りなおさないと・・・
昨日から大工さんが工事に取りかかりました。
床板を剥してみると火鉢のような物が3個見えます。
f0053392_20475136.jpg

f0053392_20482279.jpg

各部屋に火鉢があり、掘りごたつに使っていた物かと思います。
今は、石油ストーブでも、電気毛布でも何でも使えるけど
火しかなかった時代は大事なものだったのかと想像しました。
f0053392_2049441.jpg

f0053392_2054297.jpg

つくづく今の時代に生きて良かったと思いました。
隙間風が入り、厳冬期の夜には鼻毛が凍みるほど寒い家ですが私も、息子も生まれ
育ったこの家が大好きなんです。
そして、ご先祖様ご苦労様と思った瞬間でした。
by hanashokunin | 2010-06-10 20:54 |         ゆだ