トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin


<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

その後

てしろぎ(明美)です。

今日の会津は久々の雨。
f0053392_21591320.jpg


先日の見学会で皆さんに堆肥を撒いてもらったハウス。
トラクターで耕し、マルチ(穴のあいたビニール)を張って、定植の準備ができました。
f0053392_2225495.jpg


明日、秋出荷用のトルコを植えます。
きっと、いい花になることまちがいなし!
by hanashokunin | 2008-06-29 22:08 |        てしろぎ

第3回産地見学会 

昨日6月26日花職人Aizu第3回産地フェアー!!
市場のせりにんさん・中卸さん・花屋さんと私達生産者が
作業を通して交流する会!
私は大竹達也君の圃場に参加しました。
f0053392_231223.jpg

達也君のトルコ・ユリ作りを聞き、早速トルコの脇枝取りをする。
f0053392_23135472.jpg

お茶を飲みながら雑談をする。
f0053392_23142223.jpg

昼食は、さくらんぼ畑の下でわいわいがやがや・・・・
f0053392_2315267.jpg

f0053392_23161429.jpg

f0053392_23164837.jpg

f0053392_23172326.jpg

参加して下さった皆さんに自己紹介をしてもらった後
花職人のメンバーが産地フェアーで感じた事、花作り
の思いを話しました。
初めて参加して下さった人、3回連続参加して下さった人、それぞれ
思いは違えど充実した1日だったと思っています。
本当に朝早くからご苦労様でした。

今回の産地見学会に協賛して頂いた 株)菊池種苗、株)竹内商店、株)福島日紅、
株)福花園種苗 ご協力ありがとうございました。
by hanashokunin | 2008-06-27 23:30 |         ゆだ

産地見学会 加藤家

今回で3回目を向かえた『産地見学会』
参加してくださった皆様、花職のメンバー大変お疲れ様でした。

加藤家には、
仙台チームの佐々木さん・大久さん・高橋さん・佐々木さん・加藤さん達が、
見学?いや体験農業?・・・
遮光の無い暑いハウスの中で、
きっと?、脇枝を整理している?はず?

「ご免なさい」
出荷が終らず、
ハウスに着いたのは11時過ぎでした。
f0053392_2165075.jpg

脇枝整理を終え、一服の最中でした。
母が凄く楽しそうに、皆さんと話をしていたのでホッとしました。
今まで、花屋さんと話をしたことが無かった母は、ためになったと喜んでいました。

花屋さんが使い易い花・欲しい花・季節の色目・・・等など、学ぶ事が沢山ありました。
今後の、花栽培の方向性がはっきり見えてきました。

皆さん、対応出来ず本当に申し訳ありませんでした。。
by hanashokunin | 2008-06-27 21:35 |         かとう

産地見学会

やまうち家

More
by hanashokunin | 2008-06-26 22:22 |        やまうち

産地見学会 手代木編

てしろぎ(明美)です。

三回目を迎えた産地見学会。
仙花、FAJ、第一花き、世田谷花きの各市場を通じて26名もの方が参加してくれました。
f0053392_21251336.jpg


その中から、第一花きチーム新井さん(花のアライ)、FAJチーム大関さん(社員)、世田谷花きチーム窪田さん(perfume)野口さん(社員)の選りすぐりの4名が手代木家に来てくれました。

圃場へ向かう社内。
f0053392_21353578.jpg

この頃の彼らは、自分たちに過酷な労働が強いられることなど知る由もなかった。

まずは、収穫の終わったハウスの除草。
f0053392_21383125.jpg

スギナをむしりながら、「今朝、ユダさんちの朝食でこの草?を食べた」とだれかが言った。
おかひじき?

除草の後は、ネットをはずしパイプを抜いて後かたずけ。
f0053392_21443489.jpg


そして次のハウスへ移動。
はじめは涼しかった天気も、太陽が顔を出してじわじわと暑くなりはじめた。
そんなところで、究極の農作業「堆肥ちらし」
トラクターで運んできた山済みの堆肥を、ハウスの中にたいらに散らします。
f0053392_21502113.jpg

アニキ、もっと腰をいれて!

みなさんこのあたりですでにバテぎみ。

さらに太陽が真上に来た頃、次のハウスで側枝の整理。
f0053392_21554374.jpg

流れる汗をぬぐいながら、無口になる一同。

きつい作業の後は、さくらんぼの木下で昼食会。
f0053392_21592648.jpg


デザートはもちろんさくらんぼ。
f0053392_2203479.jpg


その後の懇親会では、みなさんから感想をきいたり、私たちからMPSについての取り組みを説明したりして終了しました。

我が家に来てもらった方は、花が咲いているハウスが無くてしかも、きつい作業だったので期待はずれだったかもしれません。
でも、実際私たちの仕事のなかで花そのものにたずさわっているのはほんの一部で、ほとんどの作業が今日体験してもらったような、準備、あとかたずけ、手入れです。
そんなことを、ちょっとでも知ってもらえたらうれしいです。

みなさんお疲れ様でした。
これに懲りずにまた来て下さい。
一緒にいい汗流しましょう!
                              明美
by hanashokunin | 2008-06-26 22:18 |        てしろぎ

産地見学会と花育

本日は、3回目の産地見学会の当日でした
AM9:00、手代木代表の挨拶
f0053392_19502230.jpg

その後、各班に分かれて、見学会&作業
f0053392_19522754.jpg

腰の痛い作業の後、収穫体験
あっ!
貴重な、ダブルピンクが・・・・・
f0053392_19544051.jpg

午後の、花育の為の、教材作成
村上さん、鈴木さん、高橋さん、御協力ありがとうございました
f0053392_1957618.jpg

そして、完成
f0053392_19581756.jpg

我が家に、来て頂いた方々
遠路、早朝よりありがとうございました
f0053392_19595769.jpg


そして、木曜の午後は、中学生の農業体験の日
今日は、午前中に作成して頂いた教材を手本に、花束作り
f0053392_2025231.jpg

格闘1時間半、ようやく完成
f0053392_2041510.jpg

今頃は、自分が苦労して作った花束を、母親にプレゼントしている頃だと思います
by hanashokunin | 2008-06-26 20:10 |        いわぶち

明日は!

花職人Aizuの産地見学会です~
今年で3回目になりました。
(画像は去年のものです)
f0053392_033095.jpg

f0053392_034615.jpg

卸・仲卸・小売店、
皆さん慣れない作業に四苦八苦。
見学会、というよりも強制体験会?

販売を手がけている皆さんに生産の現場を、
生産する私たちはフェアなどで店頭に立つ。
お互いに交流すること大事なことと思います。

明日初めてお会いする方もいらっしゃいます。
遠路早朝より来て下さる方々のため、
実のある一日にしたいと思います。
by hanashokunin | 2008-06-26 00:22 |        やまうち

JA浪岡御一行様

本日、JA浪岡農業協同組合の野菜・花卉部会の方々(10名)が、花職人Aizuを視察研修に来て頂きました
f0053392_209432.jpg

青森から500K、遠路はるばる、ありがとうございました

今頃は、無事家路に着いた頃だと、思います

ご苦労様でしたm(__)m
by hanashokunin | 2008-06-24 20:21 |        いわぶち

種まき

年内最後の収穫になるトルコギキョウの種まきをしました。
f0053392_21414463.jpg

f0053392_21415438.jpg

プラントプラグにゲルコーティング種子。
種子冷蔵後、一粒づつ手でまきました。

今年で三年目となるプラントプラグ。
昨年は茎が異様に硬い!ことを実感。
直根ズド~ンの力でしょうか。
ゲルも同様。
種子冷蔵が簡単。
なんと言っても裸種子納品品種がプラグ育苗できます。

f0053392_21463920.jpg

画像は一ヶ月前から育苗し、明日から植えるトルコの苗です。
約1cm弱の小さな苗です。
初期はこまめに管理してやることで、秋には綺麗な花を咲かせてくれます。
by hanashokunin | 2008-06-22 21:53 |        やまうち

研修生

今年も、県農業短期大学より、研修生が昨日、我が家にやってきました
7月2日までの15日間、泊り込みでトルコギキョウを中心に、農業全般を研修していきます
f0053392_1924628.jpg

昨年までは、男の子が、数年続けて、研修に入っていましたが、今年は久しぶりに女の子です
しかも、広末涼子似!!
これで、我が家の作業小屋は、美女3人に・・・・・
仕事が、非常に楽しい!(^^)!
これも、亀効果かな?

父の代より、色々なところから研修生を受け入れ、初期のころは、私と同世代でしたが、いつの間にか、研修生が我が子と同世代
しかも、今年の研修生の母親は、私より年下
まだまだ、若いつもりでいたのですが、私も例外なく、年を重ねていたことが、しみじみと実感した、今日この頃です
by hanashokunin | 2008-06-19 19:18 |        いわぶち