トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin
最新のコメント
muroさん 次世代の..
by hanashokunin at 21:51
どんなシステムなのでしょ..
by muro at 23:05
hanabi1450さん..
by hanashokunin at 20:31
絶対おいしそう!と思い、..
by hanabi1450 at 10:18
hanabiさん、コメン..
by やまうち at 21:16
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
more...


<   2006年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧

元気な子供たち 

こんばんは
なぜか、さいきんトルコより向日葵にはまっている向日葵大好き小父さんです。

さて、本日はその向日葵についての報告でーす。

前回、ブログに載せるはずっだた 発芽してから一週目の向日葵です。

f0053392_23103955.jpg


子葉が・・・大きな翼を広げ、ポットから元気に飛び出しそう

発芽してから二週間

f0053392_231653100.jpg


第一本葉が・・・隣とぶつかるくらい大きく大きくなり・・・
これから上に上にどんどん・どんどん伸びていくのかな?  
困った?、細く細く小さく咲いてほしいのに・・・


向日葵小父さん、本業はトルコ野郎?

では、また。
by hanashokunin | 2006-02-28 23:28 | Comments(2)

来年も来て欲しい??

 先日、アーク溶接のブルーライトを見すぎちゃって、電気性眼炎になったYaです。
おかげでここ数日間ディスプレイもまともに見れませんでした。
                                ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ ドシロートハ・・・

f0053392_20245188.jpg

 うちの田んぼに白鳥さんがやって来てました。
おおぉ~白鳥さんは田んぼの持ち主を選んでくるんだな~  (;^◇^;)ゝ イヤァ
などと浮かれていました。もう一つのグループも、やはり自分ちの田んぼでした。

 いや待てよ、なぜにウチの田んぼに?他の人の田んぼにはいないな。
さっきから何かついばんでるぞ。要するに、食べ物があるから?
じっと考えてみました・・・
 
 食べ物がある→稲穂がいっぱい落ちてる→稲刈りが下手(機械はポンコツ)

上記のような結論にいたりました ( ̄_ ̄|||) どよ~ん 

その辺問い合わせようとしたら、逃げられました~              f0053392_2025745.jpgf0053392_20251741.jpg
by hanashokunin | 2006-02-27 21:29 | Comments(8)

BROTHER

遠い異国の地からやってきたBROTHERたちです。

ハノイのPOLICE
ベトナムでは150cc以上はPOLICEしか乗れないそうです。
f0053392_21343038.jpg


会津の農家
今日、除雪機と交代で倉庫から出してきました。
エンジンがかからず自宅まで押してきましたが、動かないとただの鉄の塊です。
350キロ以上あるのでさすがに重いっす。((T_T)
f0053392_21325773.jpg


異国の地で動いているBROTHERを見るとなんだかうれしくなります。
ウチのは動くまで気合がいりそうです。
by hanashokunin | 2006-02-26 21:39 | Comments(4)

☆赤い宝石☆

 苺は、赤い宝石とも呼ばれています。
実際に全国の産地の中には、1粒500円の値が付く苺もあります!!(凄いですね)

10日位前、草花園のブログに、苺の記事がアップしてあり、苺はバラ科に入るとありました。
バラ科に入ると言うことは、当然バラにつく病害虫が苺にもつきやすいことで、うどん粉病が苺栽培において、最も難敵な病害虫です。
どの病害虫でもそうですが、一度かっかてしまえば防除が困難になるので、かからなくする事が重要に成ります。

私は、”自分達の子供に安心して食べさせる事が出来る苺”をキャッチフレーズにエコファーマーを取り、産直形式で販売しているので農薬に頼らない栽培法方を取っています。
では、病害虫の予防はどしているのか?
結論は、健全な苺には病害虫は付きにくい。
樹に、勢いとひかりがあり、葉がスプーン状に成っていれば、ほとんど病害虫は付きません。
この様に成っている苺は、根がしっかりと張っているので、糖度も上がり甘い苺に成ります。
*理論では判っているのだけど、なかなか上手く行きません^_^;

今日のフロレッタちゃんに、松山さんが会津がAIZUでは変換に成らないとありました。
花職人Aizuもそうですが、道路の案内もAIZUWAKAMATUと成っているのに、何故かキーボードでは、AIDUでないと会津に成りません。
会津は、訛りがあるからとか、戊辰戦争に負けたから・・・・等色々な説がありますが、私にもどうしてだか分かりません?

明日は、松山さんが昭和村から、当地まで足を運んで下さいます。
トルコギキョウのハウスを見終わったら、苺のハウスに移動して、苺刈りを楽しんで行って下さい(Iwa)
f0053392_19325369.jpg

by hanashokunin | 2006-02-25 19:34 | Comments(8)

おらが町は進んでいるよドライフラワーの勉強会だぞ~!

先週2月15日、町主催のドライフラワーの研修会だぞ!
進んでるベー??(^_^)v

(yu)の奥さんが勉強会に行って来ました。
写真はプリザーブドフラワーの作り方です。

花栽培も大事だけど、使い方も学ばないとね・・・?
(yu)はやっぱり生花が良いと思う・・けど??

f0053392_23325423.jpg


綺麗かも??
by hanashokunin | 2006-02-24 23:36 | Comments(4)

我が家に、一足早い春が来た

家の奥のおく~から、やっとの思いで出て来ることができて・・・ヨカッタネ

15人の御一行様を、どの順番に座ってもらうか・・・?・・・
頭が三角、パニックでした。
f0053392_22424470.jpg


隣に飾ってあった桃の蕾が
綺麗に色づいて、もう少しで開きそうです
f0053392_22485050.jpg


御一行様が荷物を持ち、自分たちの箱に戻れることを祈っています。


あ、向日葵
芽が出てから1週間が過ぎて、子葉がかなり大きくなりました。
by hanashokunin | 2006-02-23 23:01 | Comments(0)

自然のちから・・・ Aizuバージョン

Teさん、おかえりなさい~ご無事でなによりです。
異国の地からの更新なんて、さすがは現地法人・花職人Vietnamの代表!
これで花職人ブランド周年出荷計画もあと一歩ですね。

予定では屋根ビニルをかけ終えていたはずの建設中のパイプハウスです。
雪が最高150cm、しかもカチカチ氷状態。いまだ完成のメド立たず。
f0053392_16375859.jpg

Teさんが熱帯の南風に吹かれていた時・・・私は除雪・・・Aizuの風はまだ冷てぇ~       

f0053392_18395040.jpg
Teさんがカンボジアの遺跡で
自然のちからを感じていた時・・・

私は、雪の重みでグニャグニャになった
レールを見て・・・
自然のちからを感じました・・・(泣)    


Teさん、パクッて申し訳ありませんm(__)m  スケールが小さ~いですよね (Ya)
  
by hanashokunin | 2006-02-22 21:01 | Comments(6)

自然のちから・・・


飛行機が遅れに遅れて、4時間遅れで成田に到着。
ホーチミンの空港で時間があったので、インターネットカフェなる物に挑戦!
までは良かったのですが画面に出てくる文字は全部英語・・・JAPANの画面に行き着くまで大変でした。
しかし今度は文字の変換のしかたが分かりません(-_-;)
寝不足でやっと書いた文字が、只今ベトナム・・・・
で、30分時間切れ・・。

カンボジアのタプロム遺跡
f0053392_20164079.jpg

これが自然のちからです。
勉強になります。

ハノイの花屋さん
バラの花びらを重ねて作った30cm位の花もありました。結構値段は高いみたいです。
でも街中では花束を持っている人を多くみかけました。
f0053392_2055823.jpg

ではまた後日。
by hanashokunin | 2006-02-21 21:09 | Comments(1)

只今、ベトナムホーチミンより。

飛行機が遅れてあすの午後には帰れると思います。
そちらはいかがですか?
こちらはとてもいい天気でした。

ハノイは少し寒かったけど、アンコールワットはとてもよかったです。
では...
by hanashokunin | 2006-02-21 01:58 | Comments(0)

(*^_^*) 生後5日目 (*^_^*)

 2月1日に播種したトルコギキョウの目が出ました。
人間の赤ちゃんの様に、十月十日は掛かりませんが、播種しておおむね10日~14日掛かります。(気温、日射量により発芽までの日数が変わります。)
現在は、マッチ棒より小さい苗が、40日後には定植適期になり、その後7月中旬には70~80cmまで成長し、綺麗な花を咲かせます。

 私が、トルコギキョウを栽培始めて、今年でちょうど20年目です。
当初は、育苗の失敗の連続で、何度も蒔き直しをしていた事が思い出されます。
種を蒔いて、覆土をしたり、覆土の変わりにトイレットペーパーで被覆したりetc・・・・・・
いま考えれば、えっ!と思える事を、その当時は真面目に行っていました。
当時の品種は、あまり覚えていないのですが、”源氏若桜”、”霧の峰”などが記憶の片隅にあります。

現在は、13年前よりプラグトレイの育苗に変え、年間25万本の苗をほぼ失敗無く、作れる様に成りました。
*私の育苗方法
・播種して発芽までは、プール育苗
・発芽がおおむね(90%)揃うと簡易ベットに上げて、その後は頭上かん水
・発芽から必ず60日以内で定植適期の苗にする

以上、昔話をしてしまったIwaでした。年、取ったのかな^_^;
f0053392_2215134.jpg

追伸・・・農水省の交流大会の時には、マック鈴木さんを始め色々な方とお会いでき、大変勉強に成りました。お世話に成りました。(Iwa)
by hanashokunin | 2006-02-20 22:07 | Comments(2)