トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin
最新のコメント
muroさん 次世代の..
by hanashokunin at 21:51
どんなシステムなのでしょ..
by muro at 23:05
hanabi1450さん..
by hanashokunin at 20:31
絶対おいしそう!と思い、..
by hanabi1450 at 10:18
hanabiさん、コメン..
by やまうち at 21:16
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
more...


産地見学会 手代木編

てしろぎ(明美)です。

三回目を迎えた産地見学会。
仙花、FAJ、第一花き、世田谷花きの各市場を通じて26名もの方が参加してくれました。
f0053392_21251336.jpg


その中から、第一花きチーム新井さん(花のアライ)、FAJチーム大関さん(社員)、世田谷花きチーム窪田さん(perfume)野口さん(社員)の選りすぐりの4名が手代木家に来てくれました。

圃場へ向かう社内。
f0053392_21353578.jpg

この頃の彼らは、自分たちに過酷な労働が強いられることなど知る由もなかった。

まずは、収穫の終わったハウスの除草。
f0053392_21383125.jpg

スギナをむしりながら、「今朝、ユダさんちの朝食でこの草?を食べた」とだれかが言った。
おかひじき?

除草の後は、ネットをはずしパイプを抜いて後かたずけ。
f0053392_21443489.jpg


そして次のハウスへ移動。
はじめは涼しかった天気も、太陽が顔を出してじわじわと暑くなりはじめた。
そんなところで、究極の農作業「堆肥ちらし」
トラクターで運んできた山済みの堆肥を、ハウスの中にたいらに散らします。
f0053392_21502113.jpg

アニキ、もっと腰をいれて!

みなさんこのあたりですでにバテぎみ。

さらに太陽が真上に来た頃、次のハウスで側枝の整理。
f0053392_21554374.jpg

流れる汗をぬぐいながら、無口になる一同。

きつい作業の後は、さくらんぼの木下で昼食会。
f0053392_21592648.jpg


デザートはもちろんさくらんぼ。
f0053392_2203479.jpg


その後の懇親会では、みなさんから感想をきいたり、私たちからMPSについての取り組みを説明したりして終了しました。

我が家に来てもらった方は、花が咲いているハウスが無くてしかも、きつい作業だったので期待はずれだったかもしれません。
でも、実際私たちの仕事のなかで花そのものにたずさわっているのはほんの一部で、ほとんどの作業が今日体験してもらったような、準備、あとかたずけ、手入れです。
そんなことを、ちょっとでも知ってもらえたらうれしいです。

みなさんお疲れ様でした。
これに懲りずにまた来て下さい。
一緒にいい汗流しましょう!
                              明美
by hanashokunin | 2008-06-26 22:18 |        てしろぎ | Comments(0)
<< 産地見学会 産地見学会と花育 >>