トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin


研修会

 6月16~17日、長野県へトルコギキョウの研修会に参加してきました。
f0053392_229936.jpg

 ”コサージュ”という品種(グレード?)についての研修会でしたが、
参加されている方々のあまりのレベルの高さに、来るところ間違えたか!
と思うほどでした。しかもほとんどの方は初対面、もしくは1度お会いした程度。
ものすごく心強かったのは、F市場のWaさん。
前日には電話までもらって嬉しかったです。

 コサージュについての意見交換、
どうすれば良い花が咲くのか・・・
各地域別の現状、対策・・・
市場での評価は・・・
全国統一規格は・・・
プロモーションは・・・
トルコギキョウそのもの方向性は・・・
ブリーダーN氏の育種方針・・・
 など、予定時刻を大幅に超えての白熱の討論。

 二日目にはブリーダーのN氏のハウスを見せていただきましたが、
デカイ・キレイ・カタイの三拍子・・・
(N氏の花を公表してよいか迷いましたので、私の作品↓で我慢してください)
f0053392_2213469.jpg

↑のような横向いた花なんて一輪もありませんでした。

 この後、研修会終了を待たずに参加者の方のハウスを見学させていただくために
一路埼玉県へ移動しました。
その方は朝霞の花職人、ヒーローさん。
宿泊も相部屋となり、いろいろなお話を聞くことができました。
コサージュによる数年先の戦略を考えていらっしゃいました。

 いったいどんな所で農業をしているのか?とまず最初に行った先は
ヒーローさんと同じくトルコギキョウ生産者のSさんのハウス。
驚愕の光景・・・マンションの谷間にハウス・・・
高品質の花たちの中には見たことのない色も・・・
オリジナルの育成もされており、ハウス内は全く厳しい条件を感じさせませんでした。

 そして次にヒーローさんの圃場へ。
綺麗に手入れのされた庭園の隣に大型連棟ハウス。
中には見渡す限りビシッと揃った巨大輪トルコギキョウ。
花首は中に針金が通っているのかと思うほど・・・
言葉を失い、出るのはため息・・・
噂に違わず凄腕の花職人さんでした。

 奥さんのフラワーさんが書いていらっしゃるブログを以前から読ませて
いただいていたので、不思議と初対面と感じませんでした。
フラワーさんは巨大輪に仕上げるための仕事を一手に引き受けているそうです。
ヒーローさんとフラワーさんは仕事上でも互いに相手を尊重しあう良きパートナー。
とても素敵なご夫婦でした。
お仕事のお忙しい中ありがとうございました。

 その後Tさんのハウスも見せていただきました。
出荷先市場まで10分の立地条件は鮮度バツグン。
でもハウスは新興住宅街にあり難しい面もあるとのことでした。
Tさんのトルコもスゴイ・・・なんでCDよりデカイ花が垂れないのか・・・

 皆さん本当にありがとうございました。
またKさん、高知のMさんお世話になりました。

 この二日間は強烈な刺激の連続でした。
帰りの運転しながら頭の中はトルコギキョウがぐ~るぐる。
(さすがにS.Aと思って北関東道のジャンクションに入るようなことはしませんでしたが・・・)

明日の花から高品質!とは真似できませんが、一歩一歩
ぷらん~どぅ~ちぇっく~あくしょん!!                
                                         もるせら
by hanashokunin | 2006-06-19 00:10
<< お気に入りに追加! 秘密兵器花職人1号 >>