トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin


講師 湯田様

3月3日、てしろぎ(明美)です。

会津農林事務所主催の「あいづ地域農産物販売セミナー」に参加した。

内容は
1 地元産大豆と自家栽培米を利用した味噌の加工販売
                  土っ子田島味噌 湯田江美氏

2 素材生産では生き残れない。
  新たな販売形態創造の必要性
                  株式会社 ぶった農産 代表取締役社長 佛田利弘氏


われらが江美さんの講演とあっては行かねばなるまい!

江美さんには内緒で一番前の席に陣取ってると、講師先生の入場。
「あんた、そこでナニやってんの!?」と言わんばかりの江美さんの視線。
f0053392_2272167.jpg


「では、講師 湯田様」と紹介され話が始まると、ちゃーんと講師の顔になってた。
たいしたもんだ。
f0053392_2275313.jpg



f0053392_21412931.jpg


事例発表ということで、今までの「味噌ビジネス」の流れがうまくまとめられてとても解りやすかった。
そもそも、私にとっては「そんな事知ってるも~ん」な内容なんで、講師 湯田様はやりづらかっただろう。

でも、話の中に「主人」が7回、「ヒロヒトさん」が5回(タブン)出てきて「感謝してます」「尊敬してます」は知らなかった!(失礼)

江美さんも言ってた、「人前で発表することで、改めて自分の仕事を見直すことができる」
なるほどなぁ。

私には、ムリ、ムリ、ムリ、ムリ。
by hanashokunin | 2010-03-03 22:09 |        てしろぎ
<< 3月 定例会 宮袋いちご研究会 >>