トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin
最新のコメント
muroさん 次世代の..
by hanashokunin at 21:51
どんなシステムなのでしょ..
by muro at 23:05
hanabi1450さん..
by hanashokunin at 20:31
絶対おいしそう!と思い、..
by hanabi1450 at 10:18
hanabiさん、コメン..
by やまうち at 21:16
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
more...


ニワトリ

てしろぎ(明美)です。

我が家のニワトリ軍団に新入りが参入。
f0053392_21555279.jpg

毎年10羽づつ買い足してる。
でも、自然に淘汰されてくんで定数20羽くらいかな。
そのうち卵を産むのが10~13羽。
残りの皆さんは、日々プラプラと遊んで暮らしてるらしい。

トサカが小さいのが新入りの証。
f0053392_21564123.jpg


おッ?!
お仕事中失礼。
f0053392_21572275.jpg


一丁あがり!
f0053392_21581983.jpg


我が家の貴重なタンパク源のこの卵、黄身が濃~い黄色でプリプリでおいしいよ。
でも、前に聞いたところでは、黄身の色は餌によって変わるんで栄養や味には関係ないんだって。
でもー、やっぱり黄身の色が白っぽいよりは、まっ黄っ黄のほうがおいしそうだと思うんだけど。

ニワトリ軍団は全員めんどりのアマゾネス軍団なんで、この卵を温めても残念ながらヒヨコにはなりません。
by hanashokunin | 2009-05-14 22:18 |        てしろぎ | Comments(2)
Commented by 花咲自讃 at 2009-05-16 21:23 x
アメリカでは黄色味の濃い卵を得るためにマリーゴールドの花を食べさせていると聞いたことがありますよ。
試しにカロチノイドの豊富な緑黄野菜でありますカボチャやパプリカでも食べさせてみてはいかがでしょうか。
トルコの花弁にもカロチノイドが含まれていますので、ロジーナイエローやエクローサイエローver.2の花弁も効果があるかも。
くれぐれも薬散していないエディブル可能な花弁を使ってください。
Commented by 明美 at 2009-05-19 22:49 x
花咲自讃さん
トルコの黄色もカロチノイドなんですか!
畑のカボチャが生った試してみようっと。
<< カラーが咲きました。 大事な仕事 >>