トルコギキョウがメインの切花生産グループです
by hanashokunin
最新のコメント
muroさん 次世代の..
by hanashokunin at 21:51
どんなシステムなのでしょ..
by muro at 23:05
hanabi1450さん..
by hanashokunin at 20:31
絶対おいしそう!と思い、..
by hanabi1450 at 10:18
hanabiさん、コメン..
by やまうち at 21:16
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
more...


奇跡のリンゴ

てしろぎ(明美)です。

てしろぎ(夫)が確定申告の準備で脂汗をかいてるなか、私はこんな本を読んでいた。
f0053392_21222493.jpg


少し前の農業新聞でベストセラーの1位になってたんで、はやりもんはとりあえずチェックしとこうかと思い息子に買ってこさせた。
題名の「奇跡」と言う言葉や「絶対不可能を覆した」なんていう宣伝文句がちょっとうさんくさい気がしたけど、本を手にしたとき表紙の写真にヤラれた。
なんかすごーく好奇心をそそられるその笑顔。

内容は木村さんというおじさんが、無農薬リンゴを実らせるまでの壮絶な長い戦いをノンフィクションライターが綴ったもの。
・・・で、感想はともかく、私的には題名の「奇跡」という言葉がやっぱりひっかかる。
これは奇跡ではなく、木村さんが戦いの末に勝ち得た物なんじゃないか?
「奇跡」だと、なんだか「たまたま運が良くて」みたいな感じがする。

少し前、俳優のナントカが大麻で捕まったとき、レポーターが
「〇〇さん、故郷の北海道に帰って農業とか漁業をするんですか?」
って聞いてて、ハァ~?と思った。
農業や漁業をする事が罪を償うことになるの?それとも犯罪を犯した人の逃げ込むところなの?

そんな事にいちいち目くじらを立てるのは私だけかな?
そんな私も「アルプスの少女ハイジ」にあこがれて農業を志してたころもあった、とんでもない「かんちがい野郎」でした。
by hanashokunin | 2009-02-05 22:00 |        てしろぎ | Comments(4)
Commented by ププラ at 2009-02-06 15:04 x
お久しぶりです。
いつも読んでます。お元気そうですね!

てしろぎさんに同意一票!投じたくて^^

私の母の実家が農業なので、少しは生産農家がどんなものなのかわかっているつもりですが、世の中には軽々しく見ているひともいるので、そんな声を聞くといつも腹立ってました(w)

ま~そういう事を言う人達は想像にもおよばない世界のことだけに、身近な言葉や秤にかけて表現するしかないのかもしれませんが・・

手代木さん方がこのようにブログを通じて農家さんの沢山の出来事を教えてくれるので、何もしらなかったイチ花屋の私達や消費者さんなど・・多くの人たちがそれを知ることができて、皆の価値観も変わってきているんじゃないかな・・と思います。

ですので感謝感謝しております!これからも素敵な花たちを世に送り出して下さいネ~
私達も頑張ってお客様方にお届けします~~
Commented by 明美 at 2009-02-06 23:14 x
ププラさん
ありがとうございます。

なんだかんだ言っても、利益を得るための仕事はどれもみな大変なのは同じだと思うんです。
その大変さを、自分がどう受け止めるかはそれぞれでしょうけど。

家庭菜園や庭のガーデニングで心が癒されるのはとても素晴しいことですが、そのすぐ一歩先に農業があるわけではないということ。
もちろん仕事を通じて常に自然に触れてはいますが=癒し というのは大きな誤解でしょう。

な~んてね、でもきれいな花たちはまちがいなく心を癒してくれます!
Commented by あき at 2009-02-07 19:02 x
こんばんは。
明美さんの記事を何度も読んでしまいました。
私は短大の時の実習で2年間しか畑に出ていませんが、
ほぼ毎日畑に出て実習をしてみると
自然を相手に仕事をすることの大変さを感じました。
生易しいものでないなぁ、、、、と、、、、、。

食品に関して私が出来ることは自分たちが口にするものが
どれだけの手間をかけて作られているかを子ども達にきちんと話し
レポーターのように何も考えずに話をする想像力が欠如した大人にならないように育てるだけだと思いました。
花に関しては私達花屋が、
このお花がお店に来るまでにどれだけの愛情を込めて、手間をかけて
育てられているのかをお客様にお話をすることが出来ます。
私達花屋のがんばりどころです。
がんばります!!

「アルプスの少女ハイジ」は私も大好きでした。
オープニングの空に届きそうなブランコが羨ましかったです。
ハイジから農業に飛び込む明美さんてすごい。



Commented by 明美 at 2009-02-07 21:44 x
あきさん
ひゃー!「何度も読んだ」?恥ずかしー!

前にあきさんから「実習」の話を聞いてから、少し仲間意識を持ってる私です。
私たちの大好きな花を、お客様がキレイだと感じてお金を払って買ってもらうためには生産者と花屋さんの両方の努力が必要だと思います。
その点あきさんたち(ご夫妻という意味)にはいつも頭の下がる気持ちです。
こちらこそがんばります!

余談・・・。
あこがれてた物は、ワラの上で寝るハイジ以外にも、ムツゴロウ王国、北の国から、オオカミ王ロボ?、晴耕雨読??
無知でした。

<< 販売対策会議 1 雪がない >>